• 0
  • 103,490
  • 27,461
キャラクター基本画像
ゲスト(aa0000)
スターコイン購入 マイページ キャラクター切替
お気に入り

本部

鳴海(所属Div:B)

現在公開中のシナリオ

シナリオタイトル シナリオタイプ 状態 締切
WD~熱く繋げ、魂の一撃~ ショート 募集中 2017/12/19 22:00:00
贖罪、業の果て ショートEX 確定 2017/12/22 07:30:00

最新納品リプレイ

シナリオタイトル シナリオタイプ 評価数 公開
命諦めることなかれ ショート 4 2017/12/13 12:07:48

自己紹介2017/05/25 14:21:01 更新

アイコン

≪シナリオについて≫

・能力者と英雄のセリフの書き分けは能力者が「」英雄が『』と書いていただければわかります、プレイイングを少しでも圧縮できれば幸いです。

・鳴海は基本的にアドリブを入れないです。入れたとしても話が伝わりに安くなるように文章を整理するくらいです。
 ですがアドリブありの場合はそう記載していただければ全力でやらせていただきたいと思います。

・パートナーや、ほかの方等の呼び方を明確にしていただくととてもありがたいです。鳴海はマイページをガッツリ見る派なのでコミュニティーやPC紹介に書いておいていただけるとうれしいです。

・鳴海は基本的に質問卓の設置を推奨しております。わかりにくい点はお手数なのですが質問をお願いします。

・相談卓はみなさん仲良くしてください、wTRPGはみんなで仲良く楽しい物語を作り上げる遊びです。一人でも楽しくない人がいればそれは無価値になってしまうと思います。
 もちろん私も皆さんに楽しんでいただけるように全力を尽くします。

・プレイイングはなるべく埋めていただいた方がいいです、鳴海の性質上プレイイングの多さは出番の多さに直結します。

・プレイイングに関しては、一か所を濃く書いた方が活躍したように見えやすいです。
 やはり、分散していろいろなことを書いている人と。一か所に文字数を裂いた人では、演出の幅が違いますし、あいまいな表現ですが、そのシーンの主導権を握れると思います。

・キャラクターの口調は呟きやコミュニティを参考にしている場合があります、ご容赦いただければ幸いです。

告知など

リリース予定について2017/11/14 10:06 更新

アイコン

次回リリース予定なのは、リンクバーストの実験で英雄がまたとんでもないことになるというシナリオ。一回やったやつの別バージョンですね。次にディスペアが世界的にバッシングされているのでそれを助けようというシナリオ。
次いで戦闘シナリオですが。Dがリリースできたらいいな、って感じです。

リリース予定について2017/11/01 10:46 更新

アイコン

長らく間が空いてしまってすみません、リリース予定についてお知らせします。
まず直近でDシリーズの新しいやつを。
その後広告塔の少女をやります。問答無用で相手を好きにさせることができる愚神が大暴れする恋愛コメディーです。
次に純粋な戦闘依頼。二体一組の愚神との戦い。
次に春香とECCOと船旅です。船の中で暇なのでみんなで遊ぶお話しです。
 その後に久方ぶりのエリザ関連がありますが、それは次回お知らせします。

シナリオリリースについて2017/09/20 16:32 更新

アイコン

しばらくお休みしていてすみません。リリース内容の告知をさせていただきます。
まずはタワーディフェンスをモチーフにした、ゲーム要素が強いしなりお。ビックボーナスステージ的な感覚でお楽しみいただけるでしょう。
次に8人EX、英雄の姿、形、声がどんどん消失していく、能力者と英雄の絆を描くお話し。
そしてSONGシリーズ最終章がリリースされます。

リリース予定について2017/07/18 14:46 更新

アイコン

二十日に通常の戦闘依頼です。巨大怪獣をみんなで倒します。
次がサマーフェスの準備編。
次にWD、ガデンツァに対する対抗策を施すために皆さんの覚悟を問います。
さらにそのあとは、広告塔の少女。海の家に出張したカンタレラで昼間からお酒を飲んだりスイカを割ります。
次に翼依頼。空を飛ぶ遺跡の探索です。
 ではでは、シナリオでまた会いましょう

定期浮上項目2017/07/03 15:00 更新

アイコン

●称号について

こちら印象に残ったプレイイングをしたPCに送られる、思い出の品のようなものだと思ってください。
 もしくは、ある行いをした証明であったり、立場を明確にするものであったりと、確かにそれを成したという証拠の意味合いが強いです。
 基準はあやふやですが、MVPとは別に送られるのはそのためです。
すみません、諸事情でまどろみ依頼は少し先になります。

マスターが使用しているNPC

前に戻る
ページトップへ戻る