ヒストリー

リンクブレイブ イベント年表

歴史は時の連続。現在は過去の帰結。
遠い遠い過去の出来事も……それらの積み重ねに今が存在します。
過去から受け継がれてきた希望の灯火を、どうか未来に……
エステル・スライマーン(az0062

シナリオの動き

2015年

9月 H.O.P.E.東京海上支部始動
東京湾に浮かぶメガフロート上に建設された東京海上支部が、本格的に稼働しはじめる。
10月 大規模作戦【白刃】開幕
12月 【豪威】エルスウェアコラボシナリオ完結
【白刃】
▽ヴィルヘルムが三行でまとめる!
「生駒山辺りでブイブイいわしてたアンゼルムっつー愚神がいたぜ!」
「そいつが、他の愚神ヴォジャッグやグリムローゼと大暴れ!」
「滅びの腕っつーレガトゥス級愚神まで出てきたが、俺達がブッ倒した!」
その他の出来事
12月 ◆【豪威】エルスウェアコラボシナリオリプレイ公開
 南半球の大陸、オーストラリアを狙って暗躍を始める愚神たち。
 アリススプリングスの運動場や自然公園、ライブハウス、モンロー・ハウスと呼ばれる施設などを舞台に戦いと駆け引きが繰り広げられる。
 N・Pと呼ばれる選民思想団体なども関与する複雑な状況の中、それはやがて、Mr.スペンサーとシェリーをはじめとする各愚神たちの手によって、オーストラリア各地にドロップゾーンが展開されるまでに発展。
 遂にその動きを本格化させた愚神に対し、エージェントたちは直ちに行動を開始。
 一部こそ取り逃したものの、愚神や従魔らを撃破し、オーストラリアを狙ったドロップゾーン計画は辛うじて阻止された。


2016年/前半

1月 すごろくイベント開催
新種族「ワイルドブラッド」追加
「第1回VBS稼働実験」の開始
「ビンゴパーティー」開催
2月 【甘想】「ちょこっとお届け!あまあま大作戦♪」開始(2016.2.5~2016.2.17)
【東嵐】連動シナリオ開始(2016.2.26~)
3月 「ホワイトデーイベント」開催
【東嵐】大規模作戦(3.16~4.28)
H.O.P.E.イラストコンテスト開催
4月 異界探索「桜前線防衛戦線」
「第2回借り人競争」開始
5月 【神月】事前連動シナリオ開始
「第2回VBS稼働実験」開始
6月 【神月】グランドシナリオ、大規模作戦
「第2回VBS稼働実験」開始
【白刃】
▽ヴィルヘルムが三行でまとめる!
「生駒山辺りでブイブイいわしてたアンゼルムっつー愚神がいたぜ!」
「そいつが、他の愚神ヴォジャッグやグリムローゼと大暴れ!」
「滅びの腕っつーレガトゥス級愚神まで出てきたが、俺達がブッ倒した!」
【甘想】
▽ヴィルヘルムが三行でまとめる!
「3行でまとめるまでもねえ! 短いから下の“あらすじ”見てくれよなッ」

2月 ◆「ちょこっとお届け!あまあま大作戦♪」
 生駒山の戦いでエージェントをはじめ人類らの強さを知ったグリムローゼ。
 そこで彼女は、まずは人間を理解して人間を心理面から攻撃することを考える。
 2月――バレンタインシーズン。恋の季節を謳歌する人類に対し、愚神の魔の手が迫った。
【東嵐】
▽ヴィルヘルムが三行でまとめる!
「愚神ヤバイからヴィランズ「古龍幇」と和睦しよーとしたら「マガツヒ」が邪魔してきた!」
「なんか愚神まで出てきてドエライことになったぜ!」
「でもなんだかんだ敵をぶっとばして古龍幇と和睦できて香港は平和になった! イエーイ!」
【神月】
▽ヴィルヘルムが三行でまとめる!
「秘密結社「シーカ」「セラエノ」と、不思議アイテム「オーパーツ」の争奪戦だ!」
「不思議アイテムで異世界の門が開いたり、新英雄カオティックブレイドが現れた!」
「めっちゃ強い愚神がドッカンドッカン出てきたが俺らが勝ったッ!」


2016年/後半

7月 「夏シナリオ、はじめました。」
ツイッター大喜利開催
8月 【神月】連動シナリオ
【幻島】幻島へいこう!
9月 月刊LKB創刊号公開
10月 【卓戯】連動イベントシナリオ
【秋食】連動シナリオ公開
【卓戯】大規模作戦開始
【仮装騒】ハロウィン連動シナリオ
11月 第2回H.O.P.E.イラストコンテスト開催
12月 【仮装騒】連動シナリオが決着
【屍国】三姉妹編開始
【聖夜】クリスマスシナリオ
7月 ◆新クラス「カオティックブレイド」
 混沌と無垢の刃――その名は【カオティックブレイド】
 誓約に全てを捧げる武器の化身。それが《カオティックブレイド》たちである。
 現世界とカオティックブレイドたちとのファーストコンタクトは、アレクサンドロス大王の時代にまで遡る。彼らは武器の化身であるが故に自らを『振るわれる刃』と任じ、『刃を振るう者』である能力者とその誓約に全てを捧げ戦う。
 アル=イスカンダリーヤ遺跡の“門”が開かれたとき、彼らの存在は現実となる。
 門周辺から世界各地に渡って次々と召喚された新たな英雄たち。それと共に多くの人々が能力者として覚醒し、彼ら新たな英雄、《カオティックブレイド》たちと誓約を交わした。
 彼らは英雄自身の呼び掛けに応じるようにして“武器”を掴み、昨日までの日常に別れを告げていく。明日からの日常を護るため。武器を掴んだ者の責務を果たすため。そして……“武器”たる彼らの、無垢なる心に応えるために。

【神月】
▽ヴィルヘルムが三行でまとめる!
「秘密結社「シーカ」「セラエノ」と、不思議アイテム「オーパーツ」の争奪戦だ!」
「不思議アイテムで異世界の門が開いたり、新英雄カオティックブレイドが現れた!」
「めっちゃ強い愚神がドッカンドッカン出てきたが俺らが勝ったッ!」

【幻島】
▽ヴィルヘルムが三行でまとめる!
「バカンスって……いいよね! 短いからこのままあらすじ読むんだ!!」
8月 ◆【幻島】連動シナリオ
 オーパーツ「クリュリア」によって四季の幻影を再現する地中海の四島。
 長らくリゾート地として発展してきたこの島を、そのオーパーツを狙ってセラエノが占拠した。
 その目的はオーパーツ「クリュリア」をエネルギー源として魔法陣の術式「幸福のまぼろし」を発動させることにあった。
 エージェントたちは現地に向かい、電撃的に島を奪還。
 のちに、この島はH.O.P.E.が管理会社から買い取る形でその管理下に置かれることになった。
 現在この幻島は一般観光客の他、エージェントたちにも様々な季節のレジャーを提供している。

【卓戯】
▽ヴィルヘルムが三行でまとめる!
「テーブルトークRPGのルールブックがドロップゾーンの入り口になっちまったぜ!」
「俺達のゲームを護るため、黒幕の愚神共をぶっ潰しにゲームの世界にダイブ!」
「そこの世界の不思議な霊石で新技術もゲットだぜ! そして俺らが勝った!」

【仮装騒】
▽ヴィルヘルムが三行でまとめる!
「ハロウィンの祭りに紛れて従魔事件の予報をゲッツだ!」
「どうにかしよーとしてたらヴィランズ「ファニー」や愚神も暗躍してたぜ!」
「なんだかんだそいつらぶっ飛ばして平和なハロウィンをゲッツだ!」

秋食
10月 ◆【秋食】連動シナリオ
 秋の景色が深まるころ、うち続く戦いをひと時でも忘れてもらおうと、H.O.P.E.ロンドン支部ではエージェントたちを対象とするレジャーが企画された。
 H.O.P.E.ロンドン支部は四季島への観光や保管されている一部オーパーツの利用も許可を出す。エージェントたちは各地でアイディアを競い合い、ライヴスと異世界の力と現世界の「秋」が映し出す、新たな形のレジャーが繰り広げられた。
【屍国】
11月 ◆オブ・ザ・デッド
 四国某所で奇妙な事件が発生。
 人間を従魔に変えてしまうかのような、まるで疫病のようなその事件は瞬く間に四国各地に拡大していった。
 ゾンビ型従魔は四国八十八箇所を巡るように拡大しており、逃げ遅れた市民たちは病院へと収容されていくが、それらもやがて、“感染”すれば同じようにゾンビ型従魔となって周囲へ襲い掛かったのである。
 エージェントたちは、まさにその発生地点となった都市にて事件に遭遇などしながら、各地で事件解決に関わっていく。
 押し留める手段なく拡大していく“感染”――エージェントたちが拡大阻止に奮戦する中、愚神はそれを嘲笑うかのように暗躍する。その愚神の名、それは、かつて弘法大師に封ぜられたとのいわれを持つ愚神「神門」であった。
 事件を引き起こした黒幕と思しき愚神「神門」は、未だ姿を見せていない。
12月 ◆三姉妹編
 神門が姿を潜め、ヨモツシコメ三姉妹が徳島、香川、愛媛の三県に散って動き出した。長女朱天王、次女夜愛、三女芽衣沙。彼女達は感染した人々を操り、徐々に勢力を広げてゆく。
 一方グロリア社の医学研究所も”感染事件”の原因をウイルス型従魔であると仮説を立て、治療薬開発のために感染症からの自然治癒者、麻鈴望の保護を依頼する。
【絶零】
11月 ◆ゼロ
 【神月】大規模作戦における小規模な次元崩壊事件――その最中に出現した奇妙なライヴス変動の狭間。ここで出現したトリブヌス級以上と思われる愚神は、シベリア北部に展開されている大規模ドロップゾーンの方角へと姿を消した。
 一連の作戦で、H.O.P.E.はヴルダラク・ネウロイやヴァヌシュカといったトリブヌス級愚神と接触。都市を襲撃してきた敵従魔らも撃退してそれらに発信機を取り付けたものの、敵の正確な意図を知ることはできなかった。
 一方、H.O.P.E.は警戒のエージェントを派遣しつつロシア連邦に対してより緊密な協力を要請するが、軍上層部の返答は現在独自に状況を掌握中であるとするすげないものであった。
 そんな中、近年にない大寒波がシベリア北部を襲う。
 異常寒波の中でいくつかの集落は孤立し、当初は単なる異常気象とみなしていた世界も、各地に調査に派遣されていたエージェントが遭難し、寒波の発生した周囲で愚神や従魔の活動が見られることから、これを愚神による破壊工作であると判断した。
 極北の地シベリアより、エージェントたちの新たな戦いが始まる。
【聖夜】
12月 ◆クリスマス・リンクス
 人々がそわそわし始める季節――クリスマス。
 街頭にはクリスマス・イルミネーションが輝き、商店のショウウィンドウには赤と緑と白の三色が飾られる。恋人や家庭人たちはその日を待ち望み、一部の者たちは自嘲的に当日の予定を語る。
 世界蝕以降、創造の二十年を経てなお変わらないもの。
 愚神が出現しても、大きな事件が起こっても。
 商業主義的だとか本来の意味が失われているとか、そんな批判も何のその。多くの人々が、以前と変わらずイベントを楽しんでいる。変わったことと言えば、「どこかの異世界にはサンタのような英雄がいる。だからサンタは実在する」とまことしやかに語られるようになったことくらい。
 これはそんなクリスマスの一角で起こった事件――。



2017年/前半

1月 【初夢】IFシナリオリリース
【絶零】イベント「雪下の包囲網」
【屍国】汚染電波作戦
2月 【甘想2】チョコノフリターン2017
【屍国】神門再臨 
3月 【屍国】暗躍 
【絶零】ドラマチックイベント開催
4月 【絶零】ドラマチックイベント完結
月刊LKB Vol.2公開
【屍国】三姉妹四国侵攻編
5月 【屍国】三姉妹四国侵攻編、決戦
【異界探索】新クエストが登場
6月 【屍国】反撃編、開始
【屍国】前哨戦連動
【屍国】
▽ヴィルヘルムが三行でまとめる!
「四国がゾンビで大騒ぎだ! ゾンビっつーか従魔なんだけどな!」
「黒幕は、かつて弘法大師に封ぜられたとかゆー愚神、神門だ!」

【絶零】
▽ヴィルヘルムが三行でまとめる!
「ロシアの方で愚神共が大暴れだ!」
「ロシア軍とH.O.P.E.で協力して、人命救助とか頑張ったぜ!」
「レガトス級愚神ヴァルリアも撃破できて、一件落着だぜ!」
【甘想2】
▽ヴィルヘルムが三行でまとめる!
「チョコくいてえ!!! 短いからあらすじ読んだらいいよ!」
2月 ◆バレンタイン連動リベンジ!
 国によって、好意を持つ者への贈り方は違うが『愛』は同じ。
 チョコ、花、アクセサリー等と沢山ある中で、やはり多いのはチョコだろう。
 学生も社会人も、気になるあの人から貰えるのではないか? と、そわそわしはじめる。
 そんな中、昨年のバレンタインに何を勘違いをしたのだろうか、グリムローゼという名の愚神の情報により『バレンタインデー=殺し合い』という一部分だけが愚神達に伝わってしまった。
「人間は愚か。今年もやるようですし、ならば、去年よりも……もっと激しくしてさしあげますわ」
 楽しげに語るグリムローゼ。
 彼女はまだ知らない、バレンタインデーの本当の意味を。
 ……今年は雪辱を果たせるのか?
【白花】
▽ヴィルヘルムが三行でまとめる!
「みじけーからあらすじ! 読んだらいいぜ!!」
3月 ◆ホワイトデーイベント
 とある異界接続点から、大量の白い花が噴き出した。
 空高く舞い上がった花々が世界中に降り積もる。敷き詰められた白い花は、なんとも美しく、なんとも幻想的な光景を作り出した。
 事件はただ世界のあちこちに白い不思議な花が散らばっただけ……しかし、場所によってはそれこそ大雪のように積もり、交通をはじめとする各種産業にも悪影響を及ぼしつつあった。
 積もった花は美しくとも、そのままという訳にはいかない。
 任務内容は「花集め」。
 ホワイトデーが近いこの季節。世界を染め上げる白い花々を追って、エージェントたちが世界中を駆け巡る!


2017年/後半

7月 七夕イベント「短冊に願いを込めて」
【時計祭】『ティック・トックフィスティバル!』開始
【屍国】グランドシナリオ「闇濃き刻」
8月 H.O.P.E.に謎のメッセージ…?
【森蝕】開始
9月 【屍国】生き残りの末妹、愚神メイサ来襲!
【屍国】事後連動
H.O.P.E.に謎のメッセージ…?
【森蝕】開始
9月 【屍国】事後連動
【時計祭】

7月~
12月
◆【時計祭】『ティック・トックフィスティバル!』
 ハロウィンに繰り広げられた【仮装騒】事件。
 最後の舞台となったのはガイ・フォークス・ナイトに沸くロンドンだった。
 愚神ファニーガイはエージェントたちの手によって撃破され、祭りの夜にはいつもの平和と喧騒が戻った。夜は、人々の手に取り戻されたのである。
 人々にとって、事件は少しずつ過去のものとなっていく。

 一方、事件の舞台となったという事実は、未だに尾を引いていた。
 そんな事態に、他でもない事件を解決に導いたエージェントたち自身が行動を起こした。
 記憶とは上書きされていく想いである――そう語ったのは誰だったか。
 エージェントたちが企画したガーデン・イベントはいつのまにか『ティック・トックフィスティバル!』と呼ばれるようになり、時計塔を見上げる広場に特設ステージが広げられた。
 華やかで誰もが心から楽しめるイベントが、祭りの記憶を新たなものへと変えていく。

【屍国】
▽ヴィルヘルムが三行でまとめる!
「四国がゾンビで大騒ぎだ! ゾンビっつーかウイルス的な従魔なんだけどな!」
「黒幕は、かつて弘法大師に封ぜられたとかゆー愚神、神門だ!」
「ウイルスの治療薬を作ったり愚神を撃破したり、四国の平和を取り戻したぜ!」

【森蝕】
▽ヴィルヘルムが三行でまとめる!
「ラグナロクっつーヴィラン共のせいでギアナ支部が大ピンチだったが、俺らが助けた!」
「今はインカ支部ぶっ潰そうとしてるラグナロクとドンパチしてるとこだ!」
「まさに今行われてる作戦だから、特設会場もチェキってくれ!」